アメリカンアパレルが最も安いのはココ
★クリック★

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの歴史

アメリカンアパレルは、アメリカ国内Tシャツ市場で初めて女性専用スタイルをラインナップした会社です。

1994年にプリンスアクティブウェア社を設立、1996年にスタートさせました。その後、アメリカンアパレルディビジョンをスタートさせた後、レディスラインのクラシックガールを1996年にスタートさせました。  会社設立の歴史は浅いにもかかわらず、その影響力は絶大で、大手ボディーメーカーが、クラシックガールをモデルに女性専用のラインを打ち出したという有名な話もあるくらいです。クラシックガールの歴史は、オーナーであるダウ・チャーニー氏(DOU CHARNEY)が、マイアミに住んでいた、アルゼンチン人のガールフレンドが着ていたボディーフィットTシャツ(インポート物)にインスピレーションを受け、それまでアメリカ国内ではほどんどなかったより女性らしいラインを強調させるTシャツを作った事から始まりました。  当時、アメリカで主流のTシャツといえば、BOXタイプと呼ばれる四角で丈の短いものばかりで、とてもファッション性に富んでいるとは言いがたいものでした。

特に自分のスタイルにこだわりを持つ女性には、まるで受け入れられないものだったので、クラシックガールがその当時、とても多くの女性達に受け入れられてきたのは、とても自然な流れだったと言えるでしょう。しかし、ただスタイルにこだわっただけでは、そこまで多くの女性に受け入れるはずがありません。その理由の1つとして、生地にこだわった、ということです。ソフトなコーマ糸を使用し、Baby Ribを編み込んだ生地のTシャツは、クラシックガールが、GISS、FIORCCI、DOLL、のプライベートレーベルをこの短期間に手がけるほどに成長したことで、スタイルだけではなく、着心地の良い生地の開発にもこだわった、ということが証明されています。

また、Baby Ribは、肌触りの滑らかさだけではなく、抜群の伸縮性をもつ素材なので、ラインにこだわったクラシックガールの歴史を語る上で、欠かすことの出来ない素材の一つです。  女性らしく、女性のために着心地からラインにいたるまでこだわったウエアー、それがクラシックガールであり、その歴史こそがアメリカンアパレルの名を欧米中に、そして世界中に知らしめた歴史なのである。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの現状

アメリカンアパレルの創立以前に、すでにアメリカ国内ではヘインズ、アンビル、フルーツ・オブ・ザ・ルームなど大手の無地ボディーカットソーメーカーがありました。しかしそれらには、今までになかったファッション性の高いレディスアイテムを中心(レディスは全体の約70%)とした60種類ものアイテムと、30色以上のカラー展開、そして明確なポリシーを打ち出し、アメリカンアパレルは欧米中に話題を呼びました。

そして世界最大のファッショントレンドショーMAGICで鮮烈にデビューを飾ったのです。その後も、年間ベーシックアイテムを中心とし、流行に惑わされることなく独自のデザイン(カット)やフィットが斬新で、なおかつ高品質なのに、安価という点でリピーターが増え、今では世界各国に70店舗以上のショップを構えるほどの、急成長を遂げたのです。そして、自社のショップ以外でも、素材の良さから刺繍やプリントもしやすく、そして美しいラインも魅力的なため、現在ではアメリカのほとんどのTシャツメーカーがアメリカンアパレルを支持していると言っても過言ではないでしょう。  

日本でも、シルエットが良く安いという点で、数年前から、定番商品の品揃えとして専門店筋や通信販売で大変人気になり、また最近のヨーガブームにより、ソニープラザなどでは「ヨーガウェア」というカテゴリーで人気を得ていました。そんな中、自信を持って去年の秋に日本初の路面店を展開した訳であります。無地でベーシックアイテムなので、一見あまりインパクトはありませんが、ちょっとエロチックでスタイリッシュなビジュアルカタログが、日本では話題になりました。  

業界的には、先にワールドが始めたベーシックインナーアイテムのSHOP「ベース・ステーション」と合わせて、興味深い出店のタイミングだったと共に、それまで日本でベーシックアイテムと言えば、無印良品やユニクロでしたが、アメリカンアパレルに意識されたのか、ユニクロのこれからの成長戦略はファッション性の追求、という点を掲げてきたので、日本のカジュアルラインの今後の展開が楽しみになってきています。日本では、それまでカジュアルの人気ブランドといえば、ファッション性が高く、流行を常に追っていて低価格なGAPやZARA、そしてベーシックアイテムで、高品質、低価格をうたっている無印良品とユニクロ、と2つに大きくわけられるのですが、アメリカンアパレルはそのどちらにも属さない、中間層の新境地を生み出した、と言えるでしょう。  

しかし、今後の課題としては、いくら伸縮性のある生地を使用しているからといって、日本人は身長が欧米人に比べて小さいため、着丈の問題や、カラー展開も日本人にとっては新鮮で楽しいものではあるが、それがどこまで受け入れられるのか?など、アメリカ国内で販売している物を、そのまま日本に輸入してきただけでいいのか?などという問題点をどう解決していくかが、今後、売り上げを伸ばす上で重要なポイントとなってくるでしょう。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの品質

高品質と着心地に絶対の自信

シーズンごとの流行に惑わされることなく、年間を通して楽しめ、そして長く愛用してもらえるような幅広いラインを提供し、その中で独自の新しいスタイルとカラーを紹介し続けていきます。そして最も大切なことは、品質と着心地(フィット感)です。常にお客様の意見や反響にも耳を傾けるように心がけています。アメリカンアパレルの「サステイナブル(持続性のある)エディション」は、最も人気のあるスタイルを公認オーガニック・コットンで製造したラインです。このサステイナブル・コットンを他の一般製造にも用いることを、数年後には予定しています。また、毎年500トンの布切れのリサイクル計画を実施しています。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルのビジネスモデル

独自の新しい方針を目指すため、そして政治上の束縛のない会社を作り上げるため、アメリカンアパレルは、投資家たちの援助なしで、若い力のみで作り上げられた会社です。より効率的に製造が進むように、製造段階の全てが一つの建物内で行われています。そうする事によって、外部の労働力に頼ってしまう通常の産業過程よりも効率良く製造出来るため、この産業界の他の従業員たちに比べ、最も高い給与を受けられています。それゆえ、アメリカンアパレルの従業員たちは、会社の形成にも積極的に参加しています。資本的な成功だけでなく、社会的な成功も納めています。衣類の企業だけでなく、種々を問わず数多くの企業や世界中の産業のモデルになりえることが、アメリカンアパレルの収益が約束する本当の意味での模範だと考えています。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの精神

スウェットショップ・フリー(搾取工場の廃止)を貫く精神

アメリカで発注される衣類の95%以上は、広範囲に渡る国外の衣類工場での労働力にたよっていて、その多くの工場が「スウェットショップ」と呼ばれています。そこでは、低水準で危険性の高い労働環境のもと、低賃金で労働者達は高収益を上げるために、言葉や暴力による虐待を受けて働いています。そのような情勢を変えていくために、アメリカンアパレルでは、昔からある衣類を安全で公平で、労働者からの搾取がない「スウェットショップ・フリー」の環境で作る事を目指しています。  

またスウェットショップ・フリーだけにとどまることなく、クオリティーの高い衣類の製造をすること、その職場環境の改善や労働者の権利を守る努力を惜しまずにすることを公約しています。アメリカンアパレルでは、その過程に関わった全ての人々がポジティブな経験を実感することを目標としています。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの通販でお気に入りアイテムをゲット

アメリカンアパレル(American Apparel)は日本に上陸してからまだ歴史も浅く、全国で5店舗の直売店のみの展開にとどまっています、アイテムの数、クオリティーの高さ、などからその人気は上昇の一途ですのでいずれ、ショップも全国を網羅するようになるのは時間の問題と思います。 反面、店舗数が少ない分、充実しているのが通販、いわゆるオンラインショップです、アメリカンアパレル(American Apparel)では当然のごとくオンラインショップ専用のサイトで全国のアメリカンアパレルファンのニーズに対応するためお客様を歓迎しています。 オンラインショッピングという、ブロードバンドの普及による産物として、一昔前には考えられなかった方法で24時間365日、日本全国、否、全世界の商品が自宅に居ながらにして瞬時に入手できる、私自身よくもこんな便利な時代に生を受けたものだと思っています。 メンズ、レディース、キッズなど性別、年齢に関係なく、ファッションに関連するすべてのアイテムをカバーしている、アメリカンアパレル 通販であなたのお気に入りの逸品を是非ゲットしてください。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレル(American Apparel)の概要

アメリカンアパレル(American Apparel)はその名が示すとおり純粋なアメリカ発のファッションブランドです。デザイン、縫製、販売まで、すべてロスのダウンタウンの工場で行うファッションブランドです、日本に於いても一応ブランドの名前は日本ですが、実際に製造されているのは中国製であったり、ベトナム製であったりする場合がありますが、アメリカンアパレル製品は100%MADE in USAですし、その事にこだわりを持っています。
アメリカンアパレルがアピールしているのは「スウェットショップ」を廃止しよう、ということ。スウェットショップとは、アメリカ国外にある「低賃金、暴力や言葉による虐待、過酷な懲罰、エアコンなし、飲料水も足りない」といった劣悪な労働環境にある衣料工場という意味。そういった搾取される工場をなくしていこうという理念の元に会社が運営されているそうです、そのためアメリカンアパレルで働く従業員の自給は最低賃金の約2倍の、時給$12.50を提示しているそうです、日本円にすれば$1.00=100円にしても1250円ですから、その賃金の高さが想像できます、そんなわけで常時1000人以上の人がポストが空くのを待っている状態だというから驚きです。
恵まれた環境でなければクオリティーの高い製品は生まれないというのがアメリカンアパレルのポリシーなのです。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの店舗一覧

アメリカンアパレルのアイテムには、Tシャツ、タンクトップ、パーカー、ジャケット、パンツ、スカート、ワンピース、バッグ、サングラス、財布、靴下、キッズ用、ベビー用、ペット用などいろいろあります。全体的に肌触りが柔らかで伸縮性のある生地を使ったものが多く、カラーバリエーションもとても豊富です。

アメリカン・アパレルは、Tシャツが2000円くらい、パーカーが5000円くらいなど、おしゃれなのにかなりリーズナブルだと思います。ただ、ピタッとしたものも多いので、ショップに行っても試着するのが何となく怖い(伸ばしそうで・・・)。

アメリカン・アパレルの店舗をご紹介します。

アメリカンアパレル「麻布十番店」:港区麻布十番2-3-9 桂亭ビル1F
アメリカンアパレル「代官山店」:東京都渋谷区鉢山町15-5
アメリカンアパレル「渋谷店」:東京都渋谷区渋谷1-22-8
アメリカンアパレル「心斎橋店」:大阪府大阪市中央区西心斎橋 1-16-5
アメリカンアパレル「天神店」:福岡県福岡市中央区大名1丁目13-18

まだまだ、アメリカンアパレルの店舗は少ないですよね。ファミリー向けなので、各県に1つずつくらいはあってもいいと思うんですけど・・・。

また、アメリカンアパレルにはオンラインショップもあるので、公式HPからアイテムを購入することができます。とってもおしゃれで、見ているだけで「お〜っ、アメリカンだな〜」って楽しめるアイテムがいっぱいです。

また、ヤフーや楽天でもアメリカンアパレルの商品を扱っているお店があります。もともとアメリカンアパレルはリーズナブルですが、さらに格安で購入できることもあります。オークションでも、アメリカンアパレルがでていることがあります。人気があるのですぐ売れてしまうため、毎日チェックすることが大切ですね。

ただし、アメリカンアパレルのアイテムを通販で買うときには、信頼できるお店で買いましょう。お気に入りのアメリカンアパレルをリーズナブルにゲットしてくださいね☆

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルって??

アメリカンアパレルは、その名のとおり「アメリカ」発のブランドです。アメリカン・アパレルは世界各国に進出していますが、日本に初進出したのはここ2年くらい前のことです。もっと早くからあってもよさそうなのに・・・。 アメリカンアパレルは、布地の裁断、縫製、製品の写真撮影まで、全ての製造過程がひとつの建物内で行われています。また、アメリカン・アパレルは、安全で公平で労働者からの搾取がない「スウェットショップ・フリー」の環境で商品を製造しています。さらに、毎年500トンも発生するという布切れ端をリサイクルするなど、環境問題にも積極的に取り組んでいる企業としても高く評価されています。

アメリカのブランドというと、日本のブランドと比べて縫製が雑?ってイメージがあるけど、(私は、アメリカ製の下着を買ったときに、ブラの紐がねじれたまま縫い付けられていたことがありました。ZARAでタグが逆さについているものを発見したこともあります!こっちは別にいいけどさ・・・)でも、アメリカンアパレルはとっても縫製が丁寧です。

アメリカンアパレルは、過度にトレンドを追いかけるのではなく、年間を通して楽しめる幅広いラインを提供し、公認オーガニック・コットンで製造したラインを広げていくなど、より良い品質とフィット感を大切にしています。

そうは言っても、アメリカンアパレルはアメリカ発だから、さりげなく最新の流行が取り入れられています。日本のというよりも、アメリカ本土での流行ですが・・・。レギンスやヨガファッションなんかは取り入れるのが早いですけど、パフスリーブのワンピースやチュニックみたいなものはまだないみたいです。でも、アメリカンアパレルはカラーバリエーションも豊富なので、いろいろな色を揃えたくなります。スポーツジム用のグッズ(水着、Tシャツ、ショートパンツ、パーカー)などは、アメリカンアパレルで揃えています☆

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルっていい!

アメリカンアパレルっていいですよね!って、アメリカンアパレルって知っていますか?アメリカンアパレルは、アメリカ発のブランドで、最近になってやっと日本に進出しました。とはいっても、アメリカンアパレルは日本でも東京と大阪と福岡の数店しか展開されていないので、まだまだ知らない人の方が多いと思います。アメリカなどに旅行に行った人なら、行ったことがあるかもしれませんね。

アメリカン・アパレルはちょびっとだけ高級感があるセレブ用のユニクロ?みたいなブランドです。Tシャツやパーカー、ジャケット、シャツワンピースなどはもちろん、バッグやサングラス、財布、靴下も揃うし、キッズやベビー用もあります。やっぱり、なんとな〜くユニクロっぽいでしょ?

でも、アメリカンアパレルは、色の使い方なんかがアメリカンでおしゃれ。キッズなんて、本当にかわいいですよ!出産祝いなんかにも、アメリカンアパレルはいいんじゃないでしょうか。

ユニクロって、広告とかでガンガン宣伝している分、友達の前で着るのがはずかしいことないですか?どんなにデザインがかわいくても、私はユニクロは家用。その点、アメリカンアパレルはリーズナブルなのにおしゃれだし、まだみんなが着ていないから大好きです。アメリカンアパレルは肌触りがいい良質な生地を使っているものが多いので着心地は抜群だし!ただし、アメリカンアパレルのスカートやワンピースなどは、アメリカ西海岸あたりの人が着ていそうな「ピタッ」としたものが多いので、スタイルがいい人の方が似合うかも。

アメリカンアパレルには、ペット用のアイテムもありますよ!ペットとお揃いでお出かけするのもいいですよね〜☆ まだまだ少ないのが難点のアメリカンアパレルですけど、もっともっと人気がでて、たくさんお店ができるといいな〜。そうなったらユニクロ化して、アメリカンアパレルも家用になっちゃうのかな?笑

このブログでは、大好きなアメリカン・アパレルの情報をご紹介していきます♪