アメリカンアパレルが最も安いのはココ
★クリック★

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの歴史

アメリカンアパレルは、アメリカ国内Tシャツ市場で初めて女性専用スタイルをラインナップした会社です。

1994年にプリンスアクティブウェア社を設立、1996年にスタートさせました。その後、アメリカンアパレルディビジョンをスタートさせた後、レディスラインのクラシックガールを1996年にスタートさせました。  会社設立の歴史は浅いにもかかわらず、その影響力は絶大で、大手ボディーメーカーが、クラシックガールをモデルに女性専用のラインを打ち出したという有名な話もあるくらいです。クラシックガールの歴史は、オーナーであるダウ・チャーニー氏(DOU CHARNEY)が、マイアミに住んでいた、アルゼンチン人のガールフレンドが着ていたボディーフィットTシャツ(インポート物)にインスピレーションを受け、それまでアメリカ国内ではほどんどなかったより女性らしいラインを強調させるTシャツを作った事から始まりました。  当時、アメリカで主流のTシャツといえば、BOXタイプと呼ばれる四角で丈の短いものばかりで、とてもファッション性に富んでいるとは言いがたいものでした。

特に自分のスタイルにこだわりを持つ女性には、まるで受け入れられないものだったので、クラシックガールがその当時、とても多くの女性達に受け入れられてきたのは、とても自然な流れだったと言えるでしょう。しかし、ただスタイルにこだわっただけでは、そこまで多くの女性に受け入れるはずがありません。その理由の1つとして、生地にこだわった、ということです。ソフトなコーマ糸を使用し、Baby Ribを編み込んだ生地のTシャツは、クラシックガールが、GISS、FIORCCI、DOLL、のプライベートレーベルをこの短期間に手がけるほどに成長したことで、スタイルだけではなく、着心地の良い生地の開発にもこだわった、ということが証明されています。

また、Baby Ribは、肌触りの滑らかさだけではなく、抜群の伸縮性をもつ素材なので、ラインにこだわったクラシックガールの歴史を語る上で、欠かすことの出来ない素材の一つです。  女性らしく、女性のために着心地からラインにいたるまでこだわったウエアー、それがクラシックガールであり、その歴史こそがアメリカンアパレルの名を欧米中に、そして世界中に知らしめた歴史なのである。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの現状

アメリカンアパレルの創立以前に、すでにアメリカ国内ではヘインズ、アンビル、フルーツ・オブ・ザ・ルームなど大手の無地ボディーカットソーメーカーがありました。しかしそれらには、今までになかったファッション性の高いレディスアイテムを中心(レディスは全体の約70%)とした60種類ものアイテムと、30色以上のカラー展開、そして明確なポリシーを打ち出し、アメリカンアパレルは欧米中に話題を呼びました。

そして世界最大のファッショントレンドショーMAGICで鮮烈にデビューを飾ったのです。その後も、年間ベーシックアイテムを中心とし、流行に惑わされることなく独自のデザイン(カット)やフィットが斬新で、なおかつ高品質なのに、安価という点でリピーターが増え、今では世界各国に70店舗以上のショップを構えるほどの、急成長を遂げたのです。そして、自社のショップ以外でも、素材の良さから刺繍やプリントもしやすく、そして美しいラインも魅力的なため、現在ではアメリカのほとんどのTシャツメーカーがアメリカンアパレルを支持していると言っても過言ではないでしょう。  

日本でも、シルエットが良く安いという点で、数年前から、定番商品の品揃えとして専門店筋や通信販売で大変人気になり、また最近のヨーガブームにより、ソニープラザなどでは「ヨーガウェア」というカテゴリーで人気を得ていました。そんな中、自信を持って去年の秋に日本初の路面店を展開した訳であります。無地でベーシックアイテムなので、一見あまりインパクトはありませんが、ちょっとエロチックでスタイリッシュなビジュアルカタログが、日本では話題になりました。  

業界的には、先にワールドが始めたベーシックインナーアイテムのSHOP「ベース・ステーション」と合わせて、興味深い出店のタイミングだったと共に、それまで日本でベーシックアイテムと言えば、無印良品やユニクロでしたが、アメリカンアパレルに意識されたのか、ユニクロのこれからの成長戦略はファッション性の追求、という点を掲げてきたので、日本のカジュアルラインの今後の展開が楽しみになってきています。日本では、それまでカジュアルの人気ブランドといえば、ファッション性が高く、流行を常に追っていて低価格なGAPやZARA、そしてベーシックアイテムで、高品質、低価格をうたっている無印良品とユニクロ、と2つに大きくわけられるのですが、アメリカンアパレルはそのどちらにも属さない、中間層の新境地を生み出した、と言えるでしょう。  

しかし、今後の課題としては、いくら伸縮性のある生地を使用しているからといって、日本人は身長が欧米人に比べて小さいため、着丈の問題や、カラー展開も日本人にとっては新鮮で楽しいものではあるが、それがどこまで受け入れられるのか?など、アメリカ国内で販売している物を、そのまま日本に輸入してきただけでいいのか?などという問題点をどう解決していくかが、今後、売り上げを伸ばす上で重要なポイントとなってくるでしょう。

アメリカンアパレル

アメリカンアパレルの品質

高品質と着心地に絶対の自信

シーズンごとの流行に惑わされることなく、年間を通して楽しめ、そして長く愛用してもらえるような幅広いラインを提供し、その中で独自の新しいスタイルとカラーを紹介し続けていきます。そして最も大切なことは、品質と着心地(フィット感)です。常にお客様の意見や反響にも耳を傾けるように心がけています。アメリカンアパレルの「サステイナブル(持続性のある)エディション」は、最も人気のあるスタイルを公認オーガニック・コットンで製造したラインです。このサステイナブル・コットンを他の一般製造にも用いることを、数年後には予定しています。また、毎年500トンの布切れのリサイクル計画を実施しています。